遺言・相続・成年後見  中野サンプラザ 高齢者サポートオフィス ナカミチ行政書士事務所
☏ 03-5942-3098
  業務内容・報酬                     トップページへ戻る

成年後見について



成年後見制度とは

成年後見とは、精神上の障害により判断能力が低下した人(以下本人という)について、本人の権利を守る援助者を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。 
 成年後見制度の理念は、自己決定権の尊重・本人の保護・残存能力の活用・ノーマライゼーションなどが挙げられます。
 成年後見には、法定後見と任意後見があります。

法定後見とは 
 今現在すでに判断能力がないまたは不十分で、財産管理・契約締結などが一人では困難な方のための制度です。
 家庭裁判所により選ばれた後見人等が財産管理をしたりすることで、本人を支援します。
 

 任意後見とは
 今は、判断能力があるが、将来判断能力がなくなったときに備えて、「誰に」 「どのような支援をしてもらうか」をあらかじめ契約により決めておく制度です。
 あらかじめ自らが選んだ任意後見人と、自分の生活・療養看護・財産管理に関する事務について代理権を与える契約を、公正証書にして結んでおくことにより、もし判断能力がなくなっても、契約通りの支援を任意後見人にしてもらえることになります。
 

関連リンク 
裁判所ウェブサイト
東京家庭裁判所後見サイト
日本公証人連合会
中野区社会福祉協議会 
 


トップページへ戻る                                 業務内容・報酬へ


copyrightⓒ2009~2010ナカミチ行政書士事務所 all right reserved.