遺言・相続・成年後見  中野サンプラザ 高齢者サポートオフィス ナカミチ行政書士事務所
☏ 03-5942-3098

トップページへ             相続について                  相続手続きに必要な書類一覧


相続手続きの流れ


①被相続人死亡

②遺言の有無を調査

遺言がない場合

③相続人の確定

④相続財産の調査
 財産目録の作成

⑤遺産分割協議

⑥遺産分割協議書作成
(協議をまとめるには相続人全員による合意が必要です。)

⑦遺産取得手続き
 不動産の相続登記
 被相続人名義の預貯金口座解約・名義書き換え手続き
 →その後、預貯金を各相続人に分配
 車などの名義書き換え
 動産の引き渡し
 相続税の申告など


相続手続き(特に遺言がない場合)は、
煩雑で手間・時間がかかります。

行政書士は、②より⑦まで
すべての手続きをお手伝いします。
業務内容報酬
ただし、相続登記は司法書士、
相続税の申告は税理士と連携して行います。
遺言がある場合(有効であることが前提)

①自筆証書遺言は、家庭裁判所での
  検認手続が必要

②遺言執行者を家庭裁判所で選任する。      
  (遺言で指定されていれば不要)

③遺言執行者が、遺言の内容を実現する
 ために各手続きを行う。
 (原則左記の⑦に該当する手続きのみ)

    
 

もっとも有効な遺言があっても、遺言に
 書かれていない財産がある場合は、
 その財産については、遺産分割協議書
 の作成が必要です。

  例)遺言には不動産のことしか書かれて
    いないけど、預貯金がある場合など。

              
                



 遺産分割協議がまとまらない場合
調停・審判(家庭裁判所) 訴訟(地方裁判所)
 


                                                        トップページへ


copyrightⓒ2009~2010ナカミチ行政書士事務所 all right reserved.